SUPPORT

「世界こどもサミット」を応援してくださる方、一緒に広げていく仲間を大募集しています!

ぜひ以下4つの内容ご確認いただき、応援いただければ幸いです。

1)スポンサー募集(協賛団体・企業 / 個人協賛)

2)どこでも「世界こどもサミット」The ライブ運営

3)ボランティア募集

4)活動をシェアする(SNS)

1)スポンサー募集(協賛団体・企業 / 個人協賛)

「世界こどもサミット」の費用はイベント参加者の参加費と協賛により運営しています。

イベント費用は、企業、団体の協賛をお願いすると共に、このイベントに賛同いただける個人の方へも協賛をお願いします。

===================================

◆協賛企業 募集(詳細は次頁) 出店ブース有り 要相談

 東京大会 協賛企業 募集中 第1回協賛企業(孫正義育英財団、株式会社赤福、ユニリーバ・ジャパン・ホールディン

 グス株式会社、株式会社朝日屋、有限会社二軒茶屋餅本店、志摩商工会議所など数十社)

 

◆個人協賛 一口 1万円~ 

◆後援団体 

 第2回(東京大会)後援団体 募集中!

 第1回後援団体:

 三重県、伊勢市、三重県教育委員会、伊勢市教育委員会、伊勢市商工会議所

===================================

協賛を検討いただける方は、以下から実行委員会までお問い合わせいただければ幸いです。










2)どこでも「世界こどもサミット」The ライブ主催者(団体)募集

第1回世界こどもサミットは、英語に同時通訳され、世界各国に向けてライブ配信されました。

引き続き、第2回も同様に、英語に同時通訳し、世界に向けてライブ配信を致します。

それに伴い、世界・日本全国各地で、どこでも「世界こどもサミット」Theライブを主催いただける仲間を募集しています。

具体的な以下のステップを進んでいただく形になります。

 

ステップ1)以下からダウンロードできる「申請書」に必要事項を明記の上、

      実行委員会へ提出してください。

 

ステップ2)Theライブの告知を実施していただく

      ※公式サイトでの告知を希望の際は、実行委員会で

       公式サイト(特設サイト)から告知ください。

 

ステップ3)Theライブ当日、質問・感想・参加者でシェアしたことなどを

      実行委員会へ送ってください。

      ※事前に「The ライブの申し込み」をいただいている主催者(団体)に

       当事務局より通信方法をお伝えいたします。

      その内容をサミット会場やホームページで紹介させていただきます。

      ※進行上の都合で、紹介できない場合もございます。

 

<Theライブ主催運営についての注意事項>

*The ライブの運営は主催者(団体)が責任も持って運営してください。

 (会場の設置・費用の負担・募集や案内など)

*The ライブでは「世界こどもサミット」に関係のない政治活動・反社会活動・

 宗教活動・ビジネス活動や勧誘などは行わないでください

*The ライブ参加希望者との連絡や問い合わせなどは主催者(団体)と直接してください

*通信においては万全を尽くしますが、回線不安定になった場合など、

 一切の責務を負いかねる事をご了承ください

*当事務局は The ライブの運営に関して一切の責務を負いません事をご了承ください

どこでも「世界こどもサミット」The ライブを主催したい!一緒にやりたい!と思われる方は、

以下の書類に必要事項をご記入の上、メールあるいはFAXにてお申し込みください。

e-mailアドレス: info@wcs.gift

fax       :    0596-68-9020

 3)ボランティアスタッフ募集

「世界こどもサミット」を1人でも多くの人に知ってもらい、

この輪を全国、全世界へと、広げていきたいと考えていますが、

私たちだけのチカラではまだまだ足りません。

もし、ボランティアスタッフとして、サミットを盛り上げていくことに

興味を持っていただければ以下から実行委員会までお問い合わせ

いただければ幸いです。

第1回世界こどもサミットも、開催当日は、多くの方が来場されましたので

多数のボランティアの方の協力いただき、無事成功を収めることができました。

第2回以降、より規模も大きくなり、多数のボランティアが必要になります。

もしボランティア参加を検討いただける方は、以下から

実行委員会までお問い合わせいただければ幸いです。










4)活動をシェアする(SNS)

私たちの想いに賛同してくださる方は、ぜひ以下からSNSで「いいね」や「シェア」をいただければ幸いです。